岩国市民文化会館は、市民の皆さまの活動発表や交流の場として、幅広くご利用いただいております。
詳しい内容については、下記をご覧ください。

開館時間(基本利用時間)
9時〜22時(準備、後片付け等に要する時間を含みます)
貸出区分
【午前の部】 9時〜12時
【午後の部】13時〜17時
【夜間の部】18時〜22時
受付時間
9時〜19時
休館日
12月29日から翌年1月3日まで。※臨時に休館することがあります。

申込の流れflow

1. 施設の空き状況を確認する

ひろしま・やまぐち公共施設予約サービス(外部サイト)
※上記サイトは空き状況の公開のみですので、予約はできません。
ご利用を希望される方は、申請書を提出する前に岩国市民文化会館受付窓口、またはお電話(0827-24-1221)にて仮予約をお願いします。

2. 仮予約

■『ひろしま・やまぐち公共施設予約サービス』または電話(0827-24-1221)、受付窓口で空き状況を確認のうえ、仮予約してください。
■受付時間 午前9時から午後7時まで(12月29日から翌年1月3日までを除く)
■利用申し込み期間

施 設 利用目的 申込期間
大ホール・小ホール 一般・営業 利用の1年前から1か月前まで
練習 利用の1か月前の翌日から1週間前まで
展示室・研修室 一般 利用の1年前から3日前まで
営業 利用の半年前から3日前まで
リハーサル室(大)、リハーサル室(小)、楽屋(大)を大ホールと切り離して利用 一般・営業・練習

利用日の1か月前の翌日から3日前まで

 

楽屋(中)、楽屋(小)、主催者控室を大ホールと切り離して利用 一般・営業・練習

利用日の1か月前の翌日から3日前まで

※ただし、小ホール利用者に限る。

 ただし、同一催事で同一施設を複数日連続利用する場合は、利用開始日が申込期間に達した時点で受付いたします。(例:2022年4月1日から同年4月5日まで展示室利用の場合、2021年4月1日に全日の予約を受付)
■受付は申し込み順で行います。ただし、受付開始日の9時に受付窓口にいらっしゃった方の間で利用が重複する場合は、抽選あるいは当事者間の話し合いで決めていただきます。

3. 本申請

■下記「岩国市民文化会館利用許可申請書(PDF)」及び「新型コロナ感染拡大防止に係る施設利用チェックシート(PDF)」を印刷、または受付窓口まで直接取りに来ていただき、必要事項をご記入の上、受付窓口へご提出ください。(FAXでのご提出も可能です。)
■仮予約後1週間以内(それより前に仮予約の申込期間が終了する場合はその終了日まで)に申請書を提出してください。

▼岩国市民文化会館利用【変更】許可申請書(PDF)

▼岩国市民文化会館利用【変更】許可申請書<記入例>(PDF)

▼新型コロナ感染拡大防止に係る施設利用チェックシート(PDF)

4.利用料納付

■大ホール・小ホールは利用の1か月前まで、その他の施設は利用の2週間前までに利用料を受付窓口へ現金にてお支払いください。遠隔地等の方については振込も受付けますが、振込の際はご一報ください。

振込先

山口銀行岩国支店(086) 普通 5141380 岩国市民文化会館イワクニシミンブンカカイカン

5. 利用許可

利用料を納入いただきますと(お振込み納入の場合は、納入が確認された後に)、利用許可書を交付いたします。利用許可書は、使用当日にご持参ください。
広報・宣伝及び入場前売券の発行等を行う場合は、使用料を納入し、利用許可書の交付を受けてから行ってください。
なお、振込していただいた際の振込明細書が領収証の代わりになります。

6. 事前打ち合わせ(大ホール・小ホール利用者対象)

■催事の円滑な進行のため、利用の1か月前までに会館常駐の舞台技術員と事前打ち合わせをお願いします。
■技術員不在の場合もありますので、打合せ日時は事前に受付窓口と調整してください。
■プログラムや進行表など、催事の詳細がわかるものがあれば提出をお願いします。

7. 関係機関への届出

催物内容によって生じる行為等で関係機関への届出が必要な場合は、主催者の責任において届出を行ってください。催事内容が該当しない場合は、下記届出は不要です。
■火気使用等の禁止行為の解除
  会館経由で消防に提出しますので、利用日2週間前までに、以下の書類それぞれ2部を受付窓口に提出してください。
  □ 岩国市民文化会館火気使用申請書
  □ 消火体制組織票
  □ 使用物の説明書
■著作権
  主催者が直接申請してください。
    申請先:㈳日本音楽著作権協会 中国支部 Tel(082)249-6362 Fax(082)246-4396
        〒730-0021 広島市中区胡町4番21号 朝日生命広島胡町ビル11F

8. 利用当日

■利用前に、受付窓口で利用許可書をお見せください。鍵、備品等をお渡しし、利用方法をご説明します。
■利用後は、以下の手続きがありますので、再度受付窓口へお寄りください。
 □ 附属設備(備品)等の利用料金精算
 利用後当日に、現金にて音響照明等の器具類使用料やコンセント使用料などを施設の利用状況に応じてお支払いいただく場合があります。
 □ 利用者数確認(部屋ごとの利用者数をお知らせください。)
 □ 貸出備品の返却
 □ 原状回復の確認

料金price

施設のご利用料金は、市内居住者、市外居住者、目的や入場料等ご利用に応じて異なります。
また施設のご利用料金とは別に、附属設備利用料(音響照明等の器具類使用料やコンセント使用料など)を、ご利用状況に応じてお支払いいただく場合があります。
施設のご利用金額については電話(0827-24-1221)にてお問い合わせください。

▼岩国市民文化会館利用料金表(PDF)

注意事項・お願いcaution

ご利用にあたって

■利用時間について
 ・ 利用時間にはお客様の入退場、会場の準備、片づけ等に要する時間を含んでいます。
   次の予約が入っている場合もありますので、時間厳守でお願いします。
■定員の厳守
 ・ 消防法上、施設の定員を超えての利用はできませんので、定員は必ず守ってください。
■施設、設備の保全について
 ・ 施設や設備に傷や汚れをつけたり、加工したりすることはしないでください。
 ・ 壁、柱等へ、押しピンやセロハンテープを使っての貼り紙や掲示はしないでください。
 ・ 掲示の際は養生テープやピクチャーレール、磁石を活用してください。
 ・ 万が一、損傷を与えた場合は、速やかに受付窓口までお申し出ください。
■原状復帰について
 ・ 机、いす等の附属設備は、ご利用後にもとの位置にお戻しください。
 ・ 貸し出し物品は受付窓口へ返却してください。
 ・ 持ち込んだ道具類は時間内に撤収してください。
 ・ 館内にごみ箱はありません。ごみはお持ち帰りください。
■喫煙場所について
 ・ 館内での喫煙はできません。施設北側にある屋外喫煙所をご利用ください。
■空調について
 ・ 空調の利用料金は施設利用料に含まれていますが、省エネにご協力をお願いします。
■施設利用時の人員について
 ・ 会場設営、入場整理、もぎり、放送、案内等に必要な人員は、主催者で用意してください。
 ・ 災害等の発生に備え、観客の避難誘導についても人員体制を整えてください。
 ・ 駐車場の混雑が予想される場合は、会館と打合せのうえ交通誘導員を配置してください。
■責任者の配置について
 ・ 責任者を配置し、利用当日は会館と連絡が取れるようにしてください。
■火気使用について
 ・ カセットコンロ等を用いてのケータリングは、火災の恐れがあるためご遠慮ください。
 ・ 舞台演出上必要な場合については、本冊子2ページの「関係機関への届出」をご覧ください。
■郵便物について
 ・ 会館で郵便物を受け取られる場合は、利用時間内において主催者が直接受け取り出来るよう手配してください。
■ケータタリング用品について
 ・ 給湯室にお盆、急須、湯飲み茶わん 茶たく、湯沸かしポットがありますので、ご自由にご利用ください。

 (湯沸かしポットはコンセント代が必要です。)茶葉、ふきん、おしぼり等はご持参ください。
■コピーサービスについて
 ・ 有料にてコピーサービスを行っていますので、必要な場合は受付窓口にお声掛けください。
   なお、ファックスのサービスは行っていません。
■前庭への車両乗り入れについて
 ・ 荷物の搬入等で車両の乗り入れが必要な場合は、事前に会館と打合せをお願いします。
   ただし、以下の場合は乗り入れをお断りします。
  ・ 催事等で混雑が予想されるとき
  ・ 12トン超の車両であるとき(舗装面の保護のため)
  ・ その他施設の保全や安全の確保が十分できないと見込まれるとき
■インターネット利用について
 ・ 館内の公共スペースでフリーWi-Fi(接続時間・回数に制限あり)が利用できるほか、各部屋でもインターネットサービス(有料)がご利用いただけます。

利用の制限について

次のいずれかに該当する場合は、利用を許可しません。また、既に利用を許可している場合や、現に利用中であっても利用を中止していただくことがあります。
⑴ 岩国市民文化会館条例又は同規則に違反したとき。
⑵ 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。
⑶ 会館の施設又は設備を損傷し、又は滅失するおそれがあると認められるとき。
⑷ 他人に危害を及ぼし、又は他人に迷惑になる物品若しくは動物(身体障害者補助犬を除く。)の類を携帯しているとき。
⑸ 許可を受けた利用の条件に違反したとき。
⑹ 偽りその他不正の手段により許可を受けたとき。
⑺ そのほか、会館の管理上支障があると認められるとき。
上記理由により利用取消や利用中止となった場合、既に納入した利用料は原則としてお返しできません。

また、お客様が損害を受けることがあっても、会館は、その損害の賠償の責めを負いません。

キャンセルについてcansel

■キャンセルをご希望の場合は、まず電話(0827-24-1221)にてお問い合わせください。
 必要書類をお渡しいたしますのでご記入の上、取消申請を行ってください。
■納付した利用料は以下の場合を除き、返金できません。
 ⑴ 利用者の責めに帰さない理由である場合は、全額を返金します。
 ⑵ 利用の日の6か月前までに申し出られたときは、全額を返金します。
 ⑶ 利用の日の30日前までに申し出られたときは、半額を返金します。

Q&A・問合せはこちら